中学受験

中学受験期の反抗期にはどう対応する?男子に禁止は禁句!?

中学受験の時期と反抗期が重なる子もいれば重ならない子もいます。

ですが大概多くの子は重なってしまいます。

年齢的にも仕方ないんですが、反抗期が強く出てしまう子は損ですよね。

反抗期になってしまったがために

  • 反抗しなきゃいけない気がするし
  • お母さんの言うことは聞いてはいけない気がするし
  • なんでも嫌だと言わなきゃいけない気がする

 

ほんとに損ですよね。

反抗期が中学生で出てきてもそれはそれでまた色々あるんですけど、中学受験の大変な時期に出てしまうことほど大変なことはありません。

男子は特に、しゃべらなくなる子もいれば暴れる子もいて、反抗の仕方にも個性があふれているわけですが

まず最初にやってほしい対応は寝させてあげることです。

中学受験生は忙しいので、塾が終わった後も宿題があるし予習や復習もしなきゃいけない。

理科や社会の暗記だってこのままじゃ・・・と、どんどん睡眠時間を削って勉強していますよね。

反抗期が出てきて大変だなと感じたら、とりあえず今日は寝させてあげてください

1回くらいさぼったって大丈夫です。

宿題忘れても怒られたらすむ話です。

熱が出たら休みますよね?とりあえず心が風邪ひきそうなんで仕方ないんです。

まずは睡眠不足を解消して、そこからどうするか。

この記事では睡眠不足解消のその先についてご紹介していきます。

 

(お母さんの中学受験勉強にはスタディサプリがおすすめです↓)


反抗期男子(息子)の特徴

  • 話しかけても返事がはっきりしなかったり。
  • 何を言っても「違うし」と言われたり。
  • 「〇〇したら?」と声をかければかけるほどしなくなったり。
  • 算数で困っているから助けようとしたらうるさがられたり。

 

「もうどうしたらいいんだろう?」と困ってしまう反抗期。

妹や弟にひどいことを言ったり、いつもは反抗できない父親に強気で出て父親の方がびっくりしたり。

いろいろなことが変わり始めるのが反抗期で、それは親の言うことが全てではないことや、自分でなんでもやってみたいという気持ちの表れでもあるため、

反抗期は無いよりあったほうが、ちゃんと大人になれるので安心ではあるんですが。

中学受験に反抗期はいりません

勉強を頑張らないといけない時期に、親の期待に応えたくなくなって勉強しなくなってしまうと本当に損です。

本人が中学受験に合格したいと思っていればいるほど、反抗期は邪魔なもの。

その反抗期をどうあしらっていくか?が母親の腕の見せどころでもあるんです。

中学受験合格のために試してみたこと

ちょっと反抗期になってしまって、あしらいずらかった息子に試してみてうまくいったことをご紹介します。

「かっこ悪いなぁ。」と言ってみる

なんでもかんでも嫌だという息子に、

「うわっ、これ嫌なん?かっこわる!!」

「えっ、やらんのん?かっこわるぅ」

怒ってないですよ。茶化す感じで。

さんまさんみたいなノリで。

「はっ?いいし。かっこわるくても。」

って言いながら始めるパターン、多かったです。

休憩を邪魔しない

ちょっと長めに休んでいると、あぁ、早く始めないとまた夜が遅くなる・・・と思ってしまうんですが、我慢して待つことに。

休憩したほうがパフォーマンスが上がって、長く休んだけど早く終わることも。

もちろんその分遅くなることもあったけど、私が心と折り合いをつけることにしました。

週末はゲーム時間を確保

一番効果絶大だったのがこれです。

週末の塾が終わったら、お友達のいる公園へ行っていいよと言いました。

そこに行けば、お友達が集まってゲームをしているので、途中参戦ではありますが出かけ行って5時か6時まで遊んで帰ってもいいと言いました。

こういうところは、男子なので遅く参戦しても早く帰ってもお友達に文句をぶーぶー言われることもないので助かりました。

またゲームをたくさんできるということが、息子にとってのストレス発散になったようで、これはほんとうに効果絶大でした。

子供にも息抜きが必要ってことなのかもしれません。

いつでも褒める

受験が近くなるとついつい

  • こんな問題も解けないの?
  • これ、先週やったよね?
  • できないとヤバいよ!

 

と言いたくもなってしまうんですが、これをやめました。

できていなくても見守る。

これと同じやり方だよとそっとノートを差し出す。

教えるんじゃなくて答えを見せちゃう。

なるべく文句を言わないように。

言いたくなったら心の中で10秒数える。

その間に子どもが解けることもあります。

怒らない。イライラしない。冷静に。これが一番です。

そしてできたら褒める!

「やったね!すごいすごい!!」⇦進研ゼミのコラショみたいに褒めます。喜びます(笑)

そして「明日もがんばろうねっ」⇦やっぱりコラショみたいに言います。喜びます(笑)

できてなくてもほめてあげてください。一時的にでも反抗期は緩やかになってきますよ。

 

 

(お母さんの中学受験勉強にはスタディサプリがおすすめです↓)

原因を知ろう

ひょっとすると反抗には原因があるかもしれません。

  • 学校や塾でいじめられた
  • 先生に何か言われたor怒られた
  • 勉強したくない
  • ゲームしたい・遊びたい
  • 習い事をやめたくなかった

 

などなど、相手はまだ12歳の小学生男子ですから小さな理由が隠れていることも大いにあります。

お母さんが勉強勉強モードからちょっと離れて、息子さんの様子を1週間くらい見てみてください。

なにか見えてくるかもしれません。

うちの息子は「ゲームがしたい」でした。

男子とゲームは深いつながりがありますね。

中学受験をやめたいと言ったら

疲れている可能性があります。

また、今まで自分は勉強できると思っていたのに、プライドがズタズタになっている可能性も。

男子は小さくてもプライドを守って生きていく生き物なのでプライドを失ってしまった時点でやる気が無くなっているかもしれません。

お母さんがこのままじゃ落ちる・・・という雰囲気を出してしまうとお子さんにも伝わって、不安からもうやめたいと思ってしまうことも少なくありません。

受験を続けてほしいなら、お子さんを信じて「大丈夫だよ!」という態度で接しましょう。

もし全落ちしそうなら、やめてしまうのも1つの方法です。

中学受験しなくても東大に入る子だってたくさんいるんです。

今まで勉強してきたんだから勉強する癖はちゃんと付いています。

中学受験の算数ができなくたって、中学校に入れば連立方程式を習うのであんな特殊算なんてできなくても解けるようになるんです。

むしろ、「中学受験の算数より数学の方が得意」って言う子はたくさんいます。

中学受験が向いていないならここですっぱり手を引いて、高校受験で頑張るという方法だってあります。

がんばって勉強してそのまま公立中学校へ入れば、きっと10位以内の上位をキープできます。

私立に入って最下位でもがき苦しむより、公立トップでやる気に満ち満ちて高校受験を経て同じ大学受験の舞台に立つ方がよっぽど楽しい人生かもしれませんよね。

それでも、「やめたいというのは反抗だっただけで本当は受験したい・・・」(←大概はこのタイプ)というのなら、がんばるしかありません。

全力で走り切れればいいですが、マラソンと同じで途中で息切れしちゃう子もいます。

息切れしたらちょっと休憩して、その後また全力で走りましょう。

親子で無理せず、最後まで走りぬくことを考えて続けてくださいね。

親も子供と成長しよう

子供の反抗期に戸惑ってしまうのは、親が子供の成長に付いていけていない証でもあります。

私も偉そうなことは言えませんが、急に子供が大人っぽくなったり、前ほど「わーいわーい」と喜ばなくなったことに違和感を覚えることもありました。

久しぶりに会うおばあちゃんに「すごく大人になったのね」と言われて気が付くことも。

反抗されるのはいつまでも「赤ちゃん扱い」しているせいかもしれません

本当はもうそんなこと臨んでないのにこちらが今までの感覚で手出ししてしまっているんですね。

反抗期は大人への第一歩ですから、なんでも先回りしてやってあげたり、自分でやるということをやらせてあげないのは逆効果。

また決めることを親が決めずに、「どうする?どうしたい?」とちゃんと意見を聞いてあげることが大事です。

服1枚買うのも本人の意思を確認するようにすれば、お母さん自身の意識を変えることにもつながります。

親が何でも決める状態をやめていくことが、良い状態での子離れにつながっていくんですね。

まとめ

とはいっても、そんな悠長なことは言っていられないのが中学受験ではありますが。

中学受験中に反抗期になってしまったら

  • ちょっと様子を見る
  • 大人扱いする
  • 時々子ども扱いして褒める

 

など、あの手この手で動かしてみましょう。

そしてお母さん自身が中学受験の呪縛から逃れてみてください。

中学受験だけで将来が決まるわけではありません。

周りへの見栄で中学受験をしているのなら、それはお子さんがかわいそうです。

一番良い中学に行っても、二番目の中学に言った子に最終的就職先で負けちゃう、なんてことだってあるんです。

ここがゴールじゃありません。

お母さんがまず変わってみてください。

きっと大丈夫ですよ。

 

 

(お母さんの中学受験勉強にはスタディサプリがおすすめです↓)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください