中学生

【塾なしで高校受験】おすすめ問題集と勉強法[2020]

塾なしで高校受験できるかな?と考える人は多いですし、塾なしで高校受験を乗り越えている人はたくさんいます。

塾なしで高校受験をするためには、それなりの教材が必要ですね。

家で勉強するときに使える教材は

  • 学校の教科書やワーク
  • 市販の参考書
  • 通信教育の教材

の3つです。

この記事ではこれらの教材を使って、塾なしで高校受験する方法をお伝えします。

教科書とノートでレベルアップ

高校受験には、基本的には教科書レベル以上の内容は出題されません。

ですから本当は教科書を完璧に仕上げていれば、内申点も取れるし実際の入試でも困らないはずです。

それなのに、なぜ塾に行く人が上位をとっているのか。

それは、学習計画がうまく立てられないことと、何から、どのくらい勉強すればいいのかがわからないことが原因です。

塾なしで高校受験をするなら、学習計画や勉強の進め方は保護者の方がきちんとみてあげましょう。

それが難しいようなら、迷わず通信教育を受講することをおすすめします

家で保護者の方と伴走するやり方と、通信教育を使うやり方を説明します。

おすすめは教科書ワーク

教科書ワークは教科書の内容がそのまま、定期テストに出そうなところが問題となっている市販の問題集です。

学校の定期テストは教科書ワークをしっかりやっていれば、100点をとる事ができます。

穴の開いたところだけじゃなくて、その前後のつながりも理解しておきましょう。

しかしこれだけだと、分からないところが出てきたときに困ってしまいます。

お父さんやお母さんが教えてもいいですが、できると思っていてもうまく教えられなかったり、お子さんとけんかになると、せっかくのやる気をそいでしまいますよね。

そこで分からないところ対策におすすめなのはスタディサプリです。

分からないところはスタディサプリ

スタディサプリとは、月額980円でスマホやタブレットやパソコンで塾の映像授業を観ることができる教材です。

特別なテキストを購入したり、難しい申し込みは全く必要ありません。

最初に2週間の体験が受けられるんですが、体験を始めるボタンを押すとスタディサプリのアプリ内に入ることができます。

すると、スタディサプリの映像授業がずらっと並んでいる画面に飛びますので、そこで観たい授業を選んでクリック。

すると、1つ10~15分程度の授業動画が流れ始めます。

テキストは授業動画の一番下に「テキストを見る」というボタンがあるのでそこをクリックすると、ダウンロードされてみることができます。

どの教科も、どの授業も、見放題です。

1教科50個くらいの授業が入っていますが、5教科そろって月額980円です。

その代わり、教材もないし学習計画も全く立てられていないので、自分で管理をしなくてはいけません。

あくまでも参考書代わりの映像授業です。

(授業をしている講師の先生は抜群で、学校の先生や塾の講師の方が勉強のために見るくらいすばらしい授業です。)

ですが参考書を5教科分揃えると2万円以上かかるのに、スタディサプリを契約すればたったの980円で5教科分の参考書がそろうと考えると、とてもお得ですよね。

学習計画も立ててほしいな・・・と思う方は、個別指導コース(9,800円)に申し込むと、担任のコーチがついて学習計画を立てて、学習管理と、質疑応答をしてくれますよ。

個別指導コースについては別の記事に詳しく書いていますのでよかったら読んでみてください⇨スタディサプリ中学講座個別指導コースの口コミは信じられる?

スタディサプリのHPも見てみてくださいね↓

スタディサプリ/塾平均より年間24万円お得!? 月額980円(税抜)/テキスト代無料

 

効率を重視するなら通信教育

学習計画を立てたり、その日にやらなくてはいけないことを参考書をめくって管理して・・・と言うのはとても手間がかかります。

ただでさえ仕事で忙しいのに中学生にもなってこんなに手間がかかるなんて・・・と思ってしまう人は、通信教育をおすすめします。

通信教育はレベル別におすすめしています。

Z会偏差値の高い進学校を目指す人。
進研ゼミ偏差値には幅広く対応。5教科全ての教材が欲しい人。
スマイルゼミ中堅校から上位校を目指す人。タブレット学習のみ対応。
ポピー中堅校を目指す人。基礎力アップに最適。
スタディサプリ個別指導偏差値には幅広く対応。すべての教科に手厚いサポートが欲しい人。

Z会

通信教育の中では最高峰のレベルを誇るZ会。

東大受験生はZ会を小さいうちから受講している人が多いそうです。

高校生になると、高学歴の人は塾とZ会を掛け持ちして難問に慣れていきます。

そのくらい良質な難問がそろっている通信教育で、満足度も第1位となっています。

Z会は1教科から受講可能

料金は1教科当たり

  • 進学クラスで3,110円
  • 特進クラスで3,654円

です。

教材の形式は紙とタブレットが選べます。

進学校を目指している人は迷わずZ会を選びたくなると思いますが、特進クラスはとても難しいです。

申し訳ないですが、教材の内容についていけるかどうかは保証できません。

とりあえず資料請求をして、実際にサンプルの問題に触れてみて、進学クラスか特進クラスかを選んでみてください。

Z会の資料請求はこちら⇨【中学生のためのZ会の通信教育】

進研ゼミ

進研ゼミは小学生の頃に受講していた人も多い通信教育ですよね。

ゼミは続かなかったから辞めてしまったという人も多いと思いますが、中学講座は真剣に取り組めば内申点もアップする良問がそろっています。

レベル別に教材が分かれているので、目指す学校によって教材を選ぶことができます。

幅広く対応していて、付録の量が多いのが特徴。

単語帳や歴史年号覚えの本など、小学生の頃とは違って勉強に役立つ付録が盛りだくさんです。

5教科セットでの受講になります。

料金は5教科セットで5,980円です。(安いです)

教材は紙とタブレット(無料)から選べます。

進研ゼミの資料請求・申し込みはこちら⇨【進研ゼミ中学講座】

スマイルゼミ

スマイルゼミは比較的新しい通信教育です。

タブレットオンリーの学習法で、問題を解けば解くほどお子さんのことを機械が学習してレベルと実力に合った問題を出題してくれるようになります。

学習計画もきっちり立てられていて、保護者との連携もばっちり。

タブレットさえ持ち運べばいつでもどこでも勉強できるとあって、意外と人気の通信教育です。

(タブレットは専用タブレットです。スマイルゼミから送られてくるものを使います。)

教科書準拠なので内申点アップにはもってこいです。

またテスト前対策講座や入試対策プランも準備されています。

9教科対応で、実技4教科もしっかり対策できます。

タブレット学習とはいえ、タッチペンで書いて学習します。

ですから、英語や数学の記述問題も心配ありません。

レベルの高い学校を目指す人向けに、特進クラスも用意されています。

料金は9教科セットで5,980円です。

2週間のおためし期間があって、使ってみて良くなかったら返品できます。

全額返金保証がついているのでその点は安心です。

ゲーム好きの男子や、紙に字を書くのがめんどくさいといって勉強がはかどらない子には良いんじゃないかなと感じています。

ぶっちゃけ、勉強なんてどんな教材を使っても「やるかやらないか」で成績が決まるんです。

だから普段の「机に座って勉強」がしたくないなら、とっつきやすい教材になっていると思います。

詳しい説明や教材内容は資料請求して確かめてみてくださいね。

スマイルゼミ資料請求はこちら⇨◆スマイルゼミ◆中学生向け通信教育

ポピー

ポピーは教科書出版社の「教育出版」が出している通信教育です。

ですから学校の教科書が教育出版だという人は、ポピーを選べばポイントが分かります。

5教科で4,600円と通信教育の中では最安です

教科書を作っている出版社というだけあって、定期テスト対策に不安はありません。

基礎力アップと、内申点アップにはうってつけの教材です。

中2の秋ごろから入試対策講座も入ってくるので、早い段階での入試対策が可能です。

ポピーは

  • 教材のサンプルを見ることのできる無料見本
  • 実際に届く教材を、月号を指定して購読できるお試し購読
  • 定期購読

の3つの申し込みがあって、1ヶ月体験してみたい人はお試し購読で、月初めなら今の月を、月終わりなら次の月の号を1冊買ってみてください。

ポピーは紙の教材なので、自分にあっている教材かどうかを確かめることも大切ですね。

ポピーの無料見本・お試し購読はこちら⇨月刊教材ポピー

スタディサプリ

スタディサプリは、リクルートが運営している映像授業です。

まさに参考書代わりになる映像教材です。

通信教育のように、毎月届くわけでもなければ、学習計画や入試対策をいつからやればいいという予定が組まれているわけでもありません。

ですが、中にある映像授業は本物のプロ講師がされているので、分かりやすいし、これさえあれば塾なんていりません

保護者の方が計画を立てて、参考書を準備し、その上で分からないところを補てんする意味では、とても役に立つ教材です。

月額980円なので、下手に参考書を買うよりも安くすみます。

さらに、スタディサプリ中学講座個別指導コースなら、

  • 学習計画を立ててくれる
  • 教材もある
  • 毎日どんな勉強をすればいいのか教えてくれる
  • 担当コーチが質問に答えてくれる
  • やる気が無くて勉強をやっていない時は声をかけてくれる

という特典が付いてきます。

月額は10倍になって9800円ですが、塾に比べれば安いですし塾と同じようなサポートが受けられるので、親の負担はかなり軽減されます。

ちまたでは結構人気なんですよ。

田舎で塾は遠いし、仕事で送迎するのも大変、という人には個別指導コースが特に人気です。

スタディサプリは2週間無料で使えるので、試してみてくださいね。⇨スタディサプリ

個別指導コースの評判については別の記事にも書いています

スタディサプリ中学講座個別指導コースの口コミ

 

塾なしで高校受験を成功させる勉強法

塾へ行くとカリキュラムが組まれていて、授業を聞いて宿題をやって、また塾へ行くというスパイラルによって成績が上がる仕組みになっています。

ですが、自宅で勉強をするとなると、そのスパイラルを自分で作る必要があります。

毎日の勉強内容を決める

今日は何をどのくらい勉強するのかを決めましょう。

そうでないと、楽な方に流れてしまうと定期テストまでに対策が終わらないということにもなってしまいます。

進研ゼミやスマイルゼミと言った通信教育やスタディサプリ個別指導コースなら、学習計画を立ててくれるので、ここの苦労はありません。

ですが、ちゃんと教材をやったかどうか、理解できているかどうかを確認する必要はあります。

分からない問題を解決するツールを使う

分からないところが出てきたときにどうするかを考えておく必要があります。

通信教育をやっていれば、スマイルゼミとポピー以外の通信教育では質問をする機能がついているのでそちらで解決できますが

参考書を使っていたり、スマイルゼミやポピーを選んだ人は、分からない問題を解決するための方法が必要です。

そのためには

  • 学校の先生に聞く
  • 友達に聞く
  • 親が教える
  • 家庭教師をたのむ
  • スタディサプリなどの映像授業で復習する

の5つの方法があります。

学校の先生や友達に聞いたり、親が教えるのがいちばん早くて安上がりの方法ではありますが、学校の先生だとすぐに聞けないところと、親だと教え方にムラがあるところがデメリットです。

質問できる賢い友達がいればメリットになりますが、聞きたいこと全部を教えてくれるお友達って難しいですよね。

塾なしで高校受験をする問題点

塾は今まで蓄積されたデータと入試情報をもとに学習を進めて行ってくれます。

それと同じように進めようと思っても、なかなか自宅ではうまくいかないこともあります。

自宅で学習するデメリットは

  • 勉強内容を自分で考えなくてはいけない
  • 勉強をすぐに教えてくれる人がいない
  • 入試情報が入手できない

この3点です。

対策としては

  • 通信教育を受講するか親が学習計画を立てる
  • 質問できる人を見つける
  • 塾の模試を受けるなどして情報を入手する

 

の3点です。

まとめ

塾なしで高校受験をするなら、子どもにまかせっきりにしていては失敗してしまいます。

必ず親の努力が必要です。

私のおすすめは通信教育を利用して親が管理してあげること。

仕事で忙しくてなかなか時間もとりにくいと思うので、時間と労力のかかる学習計画や進め方・入試対策はプロにお任せするのが安全です。

この記事を参考にして、自分たちにあった方法を探してみてくださいね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください