40代美容

化粧品を買いすぎてしまう心理はストレスと関係がある! やめる方法とは

化粧品を買いすぎてしまう人の心理

20代の私は化粧品を買い過ぎてしまうことで悩んでいました。

買い過ぎてしまうと当然お金が貯まらないので「化粧品を買い過ぎてしまう心理ってなんだろう?」と思ってずっとネットで検索魔となっていたこともあります。

それなのに、新しい化粧品やクリスマスコフレなどの限定商品を見るとどうしても買いたくなって買ってしまうんです。

あるとき化粧品を買い過ぎてしまう心理というのはストレスのせいだと言うことに気が付きました。

仕事だし仕方ないと思っていたことが実は自分にとって結構なストレスになっていて、それを化粧品を買うことで解消してしまっていたんです。

20代の私がストレスを解消して、化粧品を買い過ぎてしまう心理をうまく変えることができた方法をご紹介します。

☆私は買い過ぎてしまった化粧品を買取査定に出してお小遣いを増やしています♪

\【送無】送るだけで現金ゲット♪/

「リライフクラブ」女性のための香水買取サービスを今すぐチェック

☆使用済みでも買取OK!

 

化粧品を買いすぎてしまう心理とは

化粧品代の節約 プチプラコスメ
化粧品を買い過ぎてしまうことをとても悩んでいたので、買い過ぎの心理について調べてみました。

すると、買い過ぎてしまうことも2種類に分かれるとわかりました。

  • 衝動買い
  • 浪費

の2つです。

  1. 職場の店長に嫌味を言われたけどアイシャドウを買ったらどうでもよくなった
  2. 今日は気分がいいからアイシャドウを買った
  3. 前から欲しいと思っていたものが20%オフになっていて買った

という3つの行動はすべて衝動買いです。

もともと、買う予定なんてなかったのにアイシャドウを買ってしまっていますよね。

一度見て、かわいい!と思ったものを何回も思い出しているとそれが頭にインプットされてしまって買わずにはいられなくなるのが人間の脳なのだそうです。

そして

  1. 色違いを見つけたから買った
  2. 化粧品売り場に行くといつも買ってしまう

というのは浪費です。
浪費は「ついつい必要のないものを買ってしまう行動」のことだそうです。

衝動買いは突発的、浪費は慢性的なんですね。

よく考えても20代の私は衝動買いも浪費もどちらにも当てはまっていました。

スポンサーリンク




化粧品を買い過ぎてしまう心理を変えるにはどうすればいい?

化粧品を買いすぎてしまうのをやめたい
浪費癖の付いてしまっている人は、原因を取り除くことで浪費癖が解消されることがあるそうです。

私のようなついつい買ってしまう人でも原因を取り除けばいいと・・・。

でも原因は仕事のあの上司とあの同僚のせいなのにどうやって取り除けばいいのだろう?と思っていましたがなんとかなったんです。

コンプレックス&不安型の浪費癖の場合

なんとなく流行に乗っていないと「地味」とか「ダサい」とか思われるんじゃないかと20代の私は思っていました。

でもある日、コスメカウンターで「パーソナルカラー診断」を受けたんです。

あなたはブルーベースだから黄色みの強い茶色やオレンジはやめておいたほうが・・・

という話を聞いたんです。

驚いていると、「かっこいい大人ほど『自分に似合う色』をよく知っていて、自分に似合う色の新色が出ない限り新しいものは買わないんだよ」と。

それからは新色とか季節限定と言う言葉に吸い寄せられても「この色は私には似合わないから」とやめることができるようになりました。

パーソナルカラー診断を受けたことは化粧品をあれこれと無駄に買い過ぎる心理を変えてくれたかもしれません。

ストレスを買い物で解消する浪費癖の場合

ストレスがたまっていても買い物をすると気分が良くなるんです。

しかも化粧品のようなきれいな色のキラキラしたものを買うとかなり気分が上がります。

でもストレスがたまるたびに化粧品を買っていてはお金が・・・

実は私は買い物が大好きなので、他の趣味などでストレスを解消する方法は一度も成功していないんです。

でも化粧品ではなくてちょっとした高級お菓子を買うとか、ちょっとした近場の旅行に行くことに変えてみたんです。

すると、旅行も結構楽しいなと思って化粧品も旅先で良いものに出会ったらと思えるようになったことで化粧品の買い過ぎが減ってきました。

断捨離をする

一番効果があったのは断捨離です。

化粧品を処分して、必要なものだけ見えるようにすると、自分の家にも素敵な化粧品がたくさん並んでいるような気が・・・。

今まではお店に並んでいる化粧品だけがキラキラと輝いて見えていましたが、キレイに片付けたら家にあっても素敵なものと認識できるように。

買い過ぎてしまった化粧品を処分するとき、初めはメルカリやオークションで売ろうかとも思ったんですが、結局買取査定に出しました。

メルカリは小さなアイシャドウ1個にも送料が200円近くかかります。

個人から個人への販売なのでケーキが割れていたりすると面倒だなと。

それでちょっとしり込みしてしまいました。

どうしようかなと思っていたところ、見つけたのが「リライフクラブ」女性のための香水買取サービス

リライフクラブは、ネットで申し込んで断捨離すると決めた化粧品を箱に詰めて送るだけです。

すると査定金額の連絡があって、OKならその金額が振り込まれます。

NGなら送料負担の上で化粧品を返送してもらうこともできます。

使っていても3カ月以内なら引き取ってくれることもあるそうで、これはいいなと思ったんです。

メルカリとかは利益がポイントで支払われるんですが、リライフクラブなら現金で支払ってもらえるのも便利だなと。

興味のある方はHPも見てみてくださいね↓

「リライフクラブ」女性のための香水買取サービス

化粧品を買いすぎてしまう心理の裏にはストレスがある

買いすぎてしまうときは、気が付かないうちにストレスをためているんですね。

ストレス発散方法が化粧品を買う行動になってしまっていて、それが癖になっているんですね。

 

この記事では化粧品を買いすぎてしまう心理についてお伝えしてきました。

ストレスが溜まっているとどうしても部屋の掃除が行き届かなくなってしまいますよね。

それで何がどこにあるか分からなくて、同じようなアイシャドウや口紅を何度も買ってしまうってことも私はよくあります。

そんなときの一番効果的な方法はお部屋の掃除と化粧品類の整理整頓、断捨離。

気が向かなくても始めてしまえば続けられるし、断捨離自体がストレス発散にもなります。

とはいえ、せっかく買ったのに使っていないのをそのまま捨てるのももったいないですね。

「リライフクラブ」女性のための香水買取サービスなら一気に処分出来て気持ちもすっきり。

しかもお小遣いにもなるので、また新しい化粧品を買う資金にもなっておすすめです。