進研ゼミチャレンジタッチ中学講座

進研ゼミ(チャレンジタッチ)中学講座 努力賞プレゼントの交換 これだけはやめておけ!

進研ゼミ中学講座努力賞プレゼント

進研ゼミ中学講座の努力賞プレゼントは、進研ゼミ小学講座の努力賞プレゼントと比べると実用的なものが増えてきて、小学講座の「欲しいものない」という状態が無くなります。

それは親にとってもすごくありがたいことで、そして中学生が心ときめくようなものがラインナップされています。

それでも、これだけはおすすめできないな・・・という努力賞プレゼントも中にはあります。

これが良い!と思ったのに・・・と思う方もいるかもしれませんが、せっかく貯めた努力賞ポイントが無駄にならないようにと願いを込めて、

やめておいた方がいい進研ゼミ中学生講座の努力賞プレゼントをご紹介していきます。

進研ゼミ中学講座努力賞プレゼント やめた方が良いものベスト3

進研ゼミ中学講座努力賞は、中学生が心躍る商品はもちろんなんですが、親にとっても「あ!これ買わないと、と思ってたのよね!!」という商品がずらりと並んでいます。

中学生って何かと物入りになるので、努力賞ポイントで交換してもらえると助かります。

その中でもこれだけはちょっと・・・無駄になるかも?(うちでは不評だった)という商品を3つほどご紹介します。

ノック式消しゴム(20P)

一見、面白そうに見えるノック式消しゴム。

うちの子も、シャーペンみたいな形をした消しゴムってすごくない??とウキウキしていたんですが。

少しの範囲なら良いけど、大きく消そうと思うと消しゴムが小さいし、いっぱい出し過ぎて折れちゃうし。

結局、いつもの四角い消しゴムに戻していました。

マンガとか書くのが趣味で、ちょっとしたところを消したいことが多い人は使えるかも。

2穴ルーズリーフバインダー(20P)

ルーズリーフはルーズリーフ用のバインダーが一番良いです。

2穴だとずれるので・・・

プリントと一緒にはさむと、ルーズリーフが迷子になってしまうし、プリントはルーズリーフに貼り付けて、ルーズリーフ用のバインダーに挟んだほうが良いです。。。

って言うより、中学生はまだルーズリーフよりもノートがおすすめ。

ルーズリーフは無くしちゃいますよ・・・(特に男子 特に男子)

万年筆カクノ(60P)

万年筆ってかっこいい!と思ってほしい人も多いとは思うんですが、中学生にはあまり使い道がないかも。

やっぱりボールペンの方が使いやすいなと思うものですし。。。

それに本当に万年筆がほしいなら、このレベルの物じゃないほうが書きやすいです。

もう少ししっかりしたタイプの方がいいです。

万年筆ってペン先で書き心地が変わりますからね・・・

記念にもっておくくらいの気持ちなら良いけど、使おう!と思って頼むのはおすすめできません。

進研ゼミ努力賞プレゼントカタログ

進研ゼミ努力賞プレゼントのカタログは、4月号で進研ゼミから送られてきています。

またネットでも観ることができます。

進研ゼミ努力賞カタログのページ

カタログのプレゼントは内容が毎年少しずつ変わっているので、去年のがあるから・・・と注文すると、今年はないんです、ということもあるので注意してくださいね。

進研ゼミ努力賞プレゼントのもらい方

進研ゼミ努力賞プレゼントは、

努力賞ポイントチェック&交換(会員向けサイト)から申し込みできます。

②チャレンジパッドの「課題提出」のところからも申し込みができますよ。

チャレンジパットからが一番申し込みやすいです。

また、どうしてもカタログで申し込みたい人は、お客様サポートの努力賞プレゼント一覧&シール台紙付き申し込み書から申し込んでください。

また進研ゼミに電話(0120-929-100)やメールで申し込むことも可能です。

進研ゼミ中学講座 努力賞プレゼントをもらえるようにがんばろう!

進研ゼミ中学講座では、小学校の時のようにポイントがジャンジャンたまっていきません。

小学校の時は1つやれば4ポイントもらえていましたが、進研ゼミ中学講座では赤ペンを提出してやっと2ポイントです。

もう中学生なんだからポイントが無くてもがんばろうねということなんだとは思いますが

なかなかたまらないポイントにイライラしてしまうかもしれませんね。

それだけに、努力賞プレゼントがポイントの割にちょっと効果になっているんですよね。

しょうもない100均のおもちゃかな?みたいなプレゼントはありませんから(笑)

進研ゼミ中学講座はきちんとやれば、偏差値65以上の学校にも進研ゼミだけでも合格できます。

進研ゼミだけで学年トップ取ったことある!という人は、Z会Asteriaもおすすめです。

高校の先取り勉強もしておきませんか?

進研ゼミ中学講座と一緒にZ会Asteriaをやってみよう

Z会Asteriaは、定期テストの勉強ではなくて体系的に英語や数学を学習できる教材です。

英語なら、4技能のライティング、スピーキング、リスニング、リーディングの4つの分野に分かれていて、

それぞれを中1の基礎レベルから徐々にランクアップして行ける教材です。

最終的には高3の内容まで進んで行くので、気がついたら1学年上のところをやっていた、なんてこともザラにあります。

数学も、関数の分野、図形の分野など4つの分野に分かれていて、関数は得意だけど図形は苦手・・・という場合、関数から始めればあっという間に微積まで進んでいることも。

また図形が苦手なら、中1の内容から初心に返って復習しながら難問に取り組んでいくことも可能です。

進研ゼミだけでは難関校を目指すだけの学習時間がたりないので、いろいろな問題集を組み合わせたり、通塾を考える人もいますよね。

その選択肢の一つに、Z会Asteriaを入れてみませんか?

詳しくはこちらの記事に書いていますので読んでみてくださいね。

高校でのスタートダッシュはもう始まってる

中学で成績が良くても

中学で20番以内で地域で1番の進学校の高校に入れても

たくさんの中学校の30番以内の子が集まって300人になると

とたんに200番になる。

そして「勉強ができない」という立ち位置で過ごしていかなくてはならない高校生活は

とても悲惨だと思いませんか?

そうならないためには今から準備が必要です。

【Asteria】Z会のオンライン学習で周りのみんなより一歩先に高校の勉強を始めてみませんか?