電気バリブラシ

電気バリブラシのデメリット 体に悪い・意味ない・効果なかったという口コミを検証

電気バリブラシ デメリット

電気バリブラシのデメリットってあまり言われていないですよね。

でも電気バリブラシのデメリットとして

  • 体に悪い
  • 意味ない
  • 効果がなかった

と、検索している人もいるようです。

私自身はほうれい線が薄くなったり、目の周りのむくみが取れたりしたので

電気バリブラシが意味ないっていう人は普段から美容にめっちゃ気を使っている人なんだろうという印象しか受けませんが、、、

これらの電気バリブラシのデメリットについて、実際に電気バリブラシを使ってみて検証してみたことを書いていこうと思います。

ほかの記事では美容師さんがおすすめ記事として書いているものも多いのですが、私は美容師でもなんでもないので忖度なしで正直な感想を書いていきますね。

#電気バリブラシ

電気バリブラシのデメリット 実際に使って見て聞いて検証

電気バリブラシのデメリットとして言われているのは、

  • 体に悪い
  • 意味ない
  • 効果がなかった

という3点が大きいです。

ほかのブログを見ると、電気バリブラシのデメリットとしてあげられているのは

  1. 値段が高い
  2. ちょっと痛い
  3. 使うのをやめるとリフトアップ効果が無くなる
  4. つい光を見てしまう
  5. デンキバリが水洗いできないのでちょっとにおう(かも)

こういったことが書いてあるブログがずらっと並ぶし、私も実はこれはその通りかなと思っていて、それはそれでデメリットかもしれないんですけど

まあこんなことは大したデメリットではありませんよね。

むしろ、

  • 体に悪い
  • 意味ない
  • 効果がなかった

こっちの方が気になる。

ということで、1つずつ見ていきましょう。

電気バリブラシは体に悪い?

電気バリブラシって低周波というものが出てきて体の肉が引き締まるらしい・・・という話を聞くと、

「あやしい」「こわい」

って思う人の方が多かったのではないでしょうか。

私も最初に美容師さんからおすすめされたときは、「電気をあてるってこわい」と思いました。

よくよく説明を聞くと、肩こりに充てる電気とか整形外科で痛いところにあててくれる電気と同じ種類の電気だそう。

それなら体に害があるどころか、血行が良くなりそうなイメージ。

実際、私は肩にあててみると、万年肩こり首こりなのが次の日なんとなく方が楽になったような気がしたので、そんな体に悪いものでもなさそうだなと感じました。

電気バリブラシは肩こり・首こりに効果がある?

電気バリブラシは意味ない?

電気バリブラシを使って見て意味がないかどうかは個人差があるかもしれませんが

少なくとも私は結構いいなと思ったので、意味ないとは言わないかなと思います。

実際、インスタなどの写真で他人のリフトアップ具合を見るより自分で試してみて自分の顔を見た時の方が驚きは大きいです。

あと、美容に詳しい人なら「ほうれい線が!!」とか、「目が!!」とか言ってくれるので、結構わかるもんなんだなと思ってます。

インスタに堂々と顔をアップしているような方々は普段から美容に気を使っている人が多いだろうからあまりよく分からないことも多いんですけど

私のように普段あまり気にしていない人だったら結構ビフォーアフターが分かりやすかったです。

なので、意味ないとは言い切れないなというのが私の感想です。

電気バリブラシ ビフォーアフターを大公開! 40代のおばさんが効果の持続期間も検証!!

電気バリブラシの効果がなかったところ

電気バリブラシは全身に使えるということで、電気バリブラシを使ってみて、効果がなかったなと感じたところは

  • お腹
  • 足のむくみ

です。

どちらも効果があったよーと言っている人もいるんですけど、私はお腹と足のむくみに関してはあまり効果がなかったなと思ってます。

電気バリブラシの当て方とかが原因だったのかもしれませんが、顔は「お~!!」って思ったのに、お腹と足は「んー」ってなったので、効果がなかったのかなと思ってます。

長期で使えばよかったのかもしれませんが、ちょっと使って見てあまり効果がないなと思ったものを長期で使うのもモチベーションが上がらなくて続かないものですよね。

電気バリブラシをお腹に当てるとたるんだ肉は引き締まる?やってみた

電気バリブラシは足のむくみに効果がある? やってみたレビュー

電気バリブラシのデメリット その他についても検証

電気バリブラシは体に悪い、意味ない、効果がないというデメリットを私の主観そのままに検証しましたが、それ以外にも気になったデメリットについてあげてみます。

電気バリブラシのデメリット
  1. 値段が高い
  2. ちょっと痛い
  3. 使うのをやめるとリフトアップ効果が無くなる
  4. つい光を見てしまう
  5. デンキバリが水洗いできないので臭くなる

です。

これらのデメリットについてもちょっと書いてみようと思います。

値段が高い

最近は電気バリブラシの類似品もたくさん出品されていて、類似品の値段は1万円から3万円です。

それに比べて電気バリブラシは約20万円。

最近は値段が下がってきたとはいえ16万円以上はかかります。

それなら安い方でいいんじゃないかと思う方もいますよね。

私はこういった美容機器は自分の満足のために買うものだし、結局、何をしても年齢にあらがうことは難しいので、

どうしても年を取りたくなかったら体の内面から栄養とか運動とかにも気を付けるべきだと思っているし、こういった美容機器に頼って若さを取り戻そうとかしわを減らそうとすること自体、結構贅沢なことだと思っているんです。

だから電気バリブラシが高いなと思ったら安い方を買ったらいいし、安い方を買ってみてあまり効果がないなと思ったら電気バリブラシを買うかどうか改めて悩んでもいいのかなと思っています。

でも電気バリブラシはやはりそのお値段だけあってやはりいいものだと思うし、使って見ないとこればかりは分からないと思うし、合う合わないも個人差だし、

どのラインで満足できるかというところも大事だと思ってるんです。

だからすごく美容を気にしていて、どうしてもこのほうれい線が消したいのよ!とか、どうしても二十顎じゃなくなりたいのよ!と思っている方にはぜひ、電気バリブラシを買ってほしいなと思うけど

こんなに高いのにお金が・・・と思う人は無理せずに安いものを買ってほしいなと思います。

結局、自分がどのくらい満足できるかで肌の輝きって違ってくると思うので。

買ってよかったと思える満足できるものを購入してほしいです。

ちょっと痛い

電気バリブラシは、頭に直接当てると弱い静電気のピリピリしたような痛みがあります。

当てているそばから痛いと言うよりは後からじわっと痛いというか。

でもこれは電気バリブラシをあてる場所をちゃんと濡らしていないからなんです。

ちゃんと頭皮を濡らして使用すれば、ぜんぜん痛みは感じません。

あと慣れてくると濡らしていなくても痛みを感じない人もいるそうです。

私は痛みに弱いのか、濡れてないと痛いなという感じで、ちょこちょこローションをスプレーして濡らしながら電気バリブラシを使っていたんですが

知り合いは全然平気~と言って、朝からガシガシ使っているそうです(笑)

個人差もあると思いますが、痛いなと感じる人は専用のローションを使って濡らすか、水をつけてしっかり湿らせて使えば大丈夫です!

使うのをやめるとリフトアップ効果も無くなる

電気バリブラシの効果は永久的に持続するのではなく、もって2日~3日です。

私の場合、半日から1日半くらいかなという感覚でした。

電気バリブラシをした翌日は、なんとなく頭皮があがっているというか、なんだかそんな感じが残っているのですが、2日後には普段通りに戻っていました。

一度あててしばらく続くなら美容院などであててもらって、また次の美容院の時に電気バリブラシを充ててもらえばいいと思うんですけど

そうではなくて2~3日しかもたないので、手元に置いておきたいところですよね。

ただ、ものぐさな人でも何日かに1回あてておけばいいということなので、毎日継続できない人でも効果を感じられるっていうのはいいところだと思います。

つい光を見てしまう

これも大したことではないと言えばそうなんですが、光を見ないでねと言われても・・・というのが正直な感想。

電気バリブラシは使っている時、ピンクと青の光がピカピカしています。

この光は直接見ないようにと説明書に書かれているんですが、顔に当てるときはどうしても見てしまうし、目に入ってしまいがちです。

結構見てしまったけど、大丈夫だったので大丈夫だと思います。

意識的には見ないように、あと、小さいお子さんがいる方はお子さんが好きそうなピカピカなので気を付けてください。

デンキバリが水洗いできないので臭くなる

電気バリブラシは、くしと同じように使うものなのでだんだんとニオイがついてきます。

電子機器なのでバシャバシャと石鹸をつけて水洗いができないためつかってそのまま置いておくとにおってくることも。

においがつかないための方法は、使うたびにアルコール綿でブラシを1本1本ふき取ること。

ちょっとめんどうなんですが、毎回じゃなくても週1回でもアルコール綿でお手入れするだけで、衛生面も全然違いますし、においも付きにくくなるので、購入した際にはお手入れをやってみてくださいね。

電気バリブラシのメリット 私が実感できた効果

電気バリブラシにはメリットの方が多いんじゃないかなと私は思います。

私が実際、実感できた効果は

  1. リフトアップで小顔に
  2. ほうれい線・マリオネットラインがうすくなる
  3. 疲れた足が軽くなる
  4. 朝起きた時の肩が楽
  5. デンキバリというけど針ではない

です。

1つずつご説明していきます。

リフトアップで小顔に

私は電気バリブラシの電源が自動で消えるまでの10分間、頭から顔にかけて電気バリブラシを一番弱いレベルで当てただけで、リフトアップにつながりました。

その効果がこちら

電気バリブラシ ビフォー1
電気バリブラシ ビフォーアフター

上がビフォー、下がアフターです。

こんなにリフトアップできたので、私は大満足しています!

もちろん、個人差はあると思いますが、結構な人がこの効果を実感してるそうなので期待していいと思います!

もっとたくさんの写真を見たい方はこちら→電気バリブラシを40代主婦が使ってみた写真付きレビュー

ほうれい線・マリオネットラインがうすくなる

先ほどの写真を見てもらうと分かると思うんですが、ほうれい線やマリオネットラインも薄くなっています。

ちょっと顔がきゅきゅっとして、若い時の顔に近づくのが自分では分かります。

周りの人が見たらほんの少しの変化なのかもしれないんですが、自分にとってはすごい変化で、この年になるとこのちょっとした変化がうれしかったです。

→電気バリブラシを40代主婦が使ってみた写真付きレビュー

疲れた足が軽くなる

足のむくみもとれるのかな?と思って、足にも試してみたんですが、足のむくみに対しては私はあまり効果がありませんでした。

でも、足に電気バリブラシを当てると、ちょっと足が軽くなったような気がしました。

良い感じです。

詳しくはこちらの記事に書いていますので読んでみてくださいね。

電気バリブラシを足のむくみはどうなる??>>

朝起きた時の肩が楽

肩こりに効くというのはどうなんだろう?と思ってやってみました。

実際、肩に電気バリブラシを当てた後はそんなに変わった感じはしなかったんですが、翌朝の目覚めの時、肩がこってるなとか、肩が痛いなという感じがしませんでした。

次の日の朝感じる効果とでも言いましょうか(笑)

これについても詳しくは別記事でご紹介しています。

電気バリブラシで肩こりが!!>>

デンキバリというけど針ではない

電気バリブラシって電気の針!?と思って、すごく痛いんじゃないかと想像すると思うんですが、実際はプラスチックのプニプニした普通のくしの先っぽに金属が付いているだけのものです。

だから電気針というよりは、「通電するくし」というイメージです。

インパクトが強い電気バリってネーミングをつけたんでしょうか(笑)

針じゃなくて単なるくしなので安心して使ってくださいね。

電気バリブラシの寿命は?

電気バリブラシの寿命はほぼないと言われています。

5年くらいしたら充電池の交換時期が来るようですが、交換すれば半永久的に使えます。

また針が折れてしまうなど、故障した場合も交換すれば大丈夫です。

電池パックや針は交換可能ですので、メーカーに問い合わせて交換してもらいましょう。

  • 電池パック・・・11000円
  • 針・・・1本550円、全部交換なら5500円

(現在の原価によるものなので、今後変動する可能性もあるそうです。)

電気バリブラシの副作用

現在、電気バリブラシによる副作用は報告されていません。

心臓ペースメーカーなどの電子機器を使用している方は、注意が必要です。

電気バリブラシは整形外科で行う電気治療と似たようなものなのだそうです。

頭だけでなく全身に使えるそうなので、たるみの気になる場所や老化を感じる場所に使ってみてくださいね。

電気バリブラシの口コミ使用した体験談

電気バリブラシを実際に使用した人の口コミもまとめてみました。

私も体験談を書いているので、もしよかったら読んでみてください。

Twitterでの良い口コミ、悪い口コミも集めました。

良い口コミ

良い口コミは頬がすっきりした感じがするというものが多いです。

確かに私も、実際に使用してみると鏡を見ているそばから顔の印象とか目の印象が変わってきた感じがしました。

普段からリフトアップとか、エステとかあまり行っていなくて、お肌の手入れをしていない人ほど効果を感じやすいんじゃないかと美容師さんともお話していたところです。

また人によっては頭痛が良くなったと言う人もいます。

私も肩こりに効果があったので、頭痛に効く人がいてもおかしくないかもなぁと思います。

悪い口コミ

悪い口コミは、痛いと言う意見が沢山ありました。

たしかにピリピリとした痛みがあります。

きちんと皮膚を濡らせばあまり痛くありません。

でも当てているうちに乾いてくるので、そうすると痛くなってきます。

痛いのが苦手な人は霧吹きや専用のローションを手元に置いておいて、痛くなってきたなと思ったらこまめに濡らすようにすると良いと思います。

電気バリブラシのデメリットまとめ

電気バリブラシのデメリットは

  • 体に悪い
  • 意味ない
  • 効果がなかった
  1. 値段が高い
  2. ちょっと痛い
  3. 使うのをやめるとリフトアップ効果が無くなる
  4. つい光を見てしまう
  5. デンキバリが水洗いできないので臭くなる

ですが、体に悪い、意味ない、効果がなかったというのは個人差があることなので全員に当てはまるわけではありません。

また効果を実感している人が多いのも事実なので、迷っている人は買ってみることをお勧めします。

手にすると嬉しい気持ちになりますし、私もそうなんですけど、きっと買ってよかったと思えますよ

楽天とかアマゾンでもたくさん売っているんですが、偽物も混ざっているそうで、偽物をつかまされてしまうと効果もないし保証もききません。

値段に惑わされることなく、楽天やアマゾンの公式ショップか、電気バリブラシの公式HPからの購入をおすすめします。