電気バリブラシ

電気バリブラシのデメリット 40代主婦が使って実感した効果・メリットとは

電気バリブラシ デメリット

電気バリブラシって結構高価だから、買うならちゃんとデメリットも知っておきたいですよね。

40代主婦の私が、電気バリブラシを手にして気になった点をデメリットとしてまとめてみました。

私が実際使ってみて感じた電気バリブラシのデメリットは

  1. 値段が高い
  2. ちょっと痛い
  3. 使うのをやめるとリフトアップ効果が無くなる
  4. つい光を見てしまう
  5. デンキバリが水洗いできないので臭くなる

という5つです。

反対に実際使ってみて感じた電気バリブラシのメリットは

  1. リフトアップで小顔に
  2. ほうれい線がうすくなる
  3. マリオネットラインが薄くなる
  4. 疲れた足が軽くなる
  5. 朝起きた時の肩が楽
  6. デンキバリというけど針ではない

この5つです。

それぞれ使ってみて感じたメリット・デメリットについて詳しくご紹介していきます。

今だけ送料無料キャンペーン中!

商品欄に送料無料とある商品は、通常550円の送料がかかるところ、無料で購入することができます。

また電気バリブラシを購入すれば、送料・代引き料金すべて無となるキャンペーン実施中です!!

公式HPからの購入はこちら⇨TVやSNSで話題|デンキバリブラシ(電気バリブラシ)の販売【ELECTRON EVERYONE】

電気バリブラシのデメリット

電気バリブラシ デメリット1

私は電気バリブラシを使ってみて、まあいい所ばかりじゃないなと感じまして。

私が感じた電気バリブラシのデメリットは

  1. 値段が高い
  2. ちょっと痛い
  3. 使うのをやめるとリフトアップ効果が無くなる
  4. つい光を見てしまう
  5. デンキバリが水洗いできないので臭くなる

です。

1つずつ説明していきます。

値段が高い

言わずもがなですが、値段が高いですよね。

1本18万円。

なかなか手を出せる値段ではありません。

でも実際体験してみるとこれは!!!と思って、貯金しても買う人が多いのがこのデンキバリブラシ。

エステに行けばいいと言う人も多いですが、今のご時世と行く手間を考えると、手軽にホームエステできるならと考える人も多いようです。

また私達40代を過ぎようとしている主婦にとって、顔のたるみって結構心にずしんと来るものがありますよね。

毎日でもエステに行きたいくらい・・・そう思っている人は多いはず。

それが半永久的にお家でケアできるのなら、初期投資は高くても後から考えるといいお買い物になるのではないかなと思います。

ちょっと痛い

電気バリブラシは、頭に当てると痛いです。

痛いと言うのは静電気がパチンとくるあの痛さの10分の1くらいの同じような痛みがある感じなんですが、

当てているそばから痛いと言うよりは後からじわっと痛いというか。

ちゃんと頭皮が濡れている状態だと痛くないんですけど、どうしても電気バリブラシをやっている途中で乾いてきますよね。

そうすると、乾いたところに電気バリブラシを当てると痛いなと感じることがあります。

電気バリブラシはレベルが4段階くらいあって、私は一番下の弱いのでいつもやっているんですが、

それでも電気バリブラシを当てた後はちょっと痛いです。

でも痛みに強い人や、美容にいつも気を使っている人は「こんなの痛いうちに入らない」と言って、結構強めの3番目とかで使っていたので、この感じ方も人それぞれなのかもしれません。

が、頭皮がぱちっというか、ピリッというか、そんな感じはあると思います。

あと、説明書には10分で電気バリブラシの電源が切れることになっているので、それを目安に終わってねと書いてあるんですが、あと少し・・・と思って長めにしてしまうと、痛みが後を引く気がします。

やっぱり10分って書いてあるので、10分で終わったほうが良いのかなと思います。

使うのをやめるとリフトアップ効果も無くなる

電気バリブラシの効果は永久的に持続するのではなく、もって2日~3日だそうです。

私の場合、半日から1日半くらいかなという感覚でした。

電気バリブラシをした翌日は、なんとなく頭皮も突っ張っているというか疲れているというか、なんだかそんな感じが残っているので、私のお肌には連続で毎日は使わないほうが良いのかもしれません。

これをエステのように1週間持たせたい!とかなると、ちょっと持ちが悪い・・・となるのかもしれませんが、

自宅でできるのなら2日か3日おきに使って自分にちょうどいい周期を見つけられて便利なのかなと思います。

つい光を見てしまう

電気バリブラシは使っている時、ピンクと青の光がピカピカしています。

この光はあまり目に良くないから直接見ないようにと説明書に書かれているんですが、顔に当てるときはどうしても見てしまうし、目に入ってしまいがちです。

どの程度の影響があるのかはよく分からないのですが、顔に使う物が光っているのに、それを目に入らないようにするというのはちょっと難しいなと感じました。

できる限り気を付ける感じで良いんじゃないかなとは思います。

デンキバリが水洗いできないので臭くなる

電気バリブラシは、一応、電子機器なので水洗い禁止となっています。

ですが、みなさんも経験あると思うんですけど、くしをずっと使っていると臭くなってきますよね。

頭皮の脂とかが付くせいなのかもしれませんが、電気バリブラシも使い続けていると臭くなってきます。

本当は石けんをつけて水洗いしたいところなんですが、電気バリブラシはそれができないので、日々ちゃんとハリの先を拭いておかないと汚れが付いたままになって臭くなってしまいます。

高価なものなのでちゃんとお手入れしなきゃいけませんが、ちょっとめんどくさいなと感じる人もいるかもしれません。

今だけ送料無料キャンペーン中!

商品欄に送料無料とある商品は、通常550円の送料がかかるところ、無料で購入することができます。

また電気バリブラシを購入すれば、送料・代引き料金すべて無となるキャンペーン実施中です!!

公式HPからの購入はこちら⇨TVやSNSで話題|デンキバリブラシ(電気バリブラシ)の販売【ELECTRON EVERYONE】

電気バリブラシのメリット 私は効果が実感できた

電気バリブラシにはメリットの方が多いんじゃないかなと私は思います。

私が実際、実感できた効果は

  1. リフトアップで小顔に
  2. ほうれい線・マリオネットラインがうすくなる
  3. 疲れた足が軽くなる
  4. 朝起きた時の肩が楽
  5. デンキバリというけど針ではない

です。

1つずつご説明していきます。

リフトアップで小顔に

私は電気バリブラシの電源が自動で消えるまでの10分間、頭から顔にかけて電気バリブラシを一番弱いレベルで当てただけで、リフトアップにつながりました。

その効果がこちら

左がビフォー、右がアフターです。

こんなにリフトアップできたので、大満足です。

もちろん、個人差はあると思いますが結構な人がこの効果を実感してるそうなので、こうなる人も多いと思います。

私は41歳で、在宅ワークが多いので普段から美容にはまったく気を使っていません。

だから美容に気を使っている人はもしかすると効果が薄いかもしれませんが、こんなにリフトアップできて大満足です。

詳しくはこちらの記事で書いていますので読んでみてください。

ほうれい線・マリオネットラインがうすくなる

先ほどの写真を見てもらうと分かると思うんですが、ほうれい線やマリオネットラインも薄くなっています。

ちょっと顔がきゅきゅっとして、若い時の顔に近づくのが自分では分かります。

周りの人が見たらほんの少しの変化なのかもしれないんですが、自分にとってはすごい変化で、この年になるとこのちょっとした変化がうれしかったです。

疲れた足が軽くなる

足のむくみもとれるのかな?と思って、足にも試してみたんですが、足のむくみに対しては私はあまり効果がありませんでした。

でも、足に電気バリブラシを当てると、ちょっと足が軽くなったような気がしました。

良い感じです。

詳しくはこちらの記事に書いていますので読んでみてくださいね。

朝起きた時の肩が楽

肩こりに効くというのはどうなんだろう?と思ってやってみました。

実際、肩に電気バリブラシを当てた後はそんなに変わった感じはしなかったんですが、翌朝の目覚めの時、肩がこってるなとか、肩が痛いなという感じがしませんでした。

次の日の朝感じる効果とでも言いましょうか(笑)

これについても詳しくは別記事でご紹介しています。

デンキバリというけど針ではない

電気バリブラシって電気の針!?と思って、すごく痛いんじゃないかと想像すると思うんですが、実際はプラスチックのプニプニした普通のくしの先っぽに金属が付いているだけのものです。

だから電気針というよりは、「通電するくし」というイメージです。

インパクトが強い電気バリってネーミングをつけたんでしょうか(笑)

針じゃなくて単なるくしなので安心して使ってくださいね。

今だけ送料無料キャンペーン中!

商品欄に送料無料とある商品は、通常550円の送料がかかるところ、無料で購入することができます。

また電気バリブラシを購入すれば、送料・代引き料金すべて無となるキャンペーン実施中です!!

公式HPからの購入はこちら⇨TVやSNSで話題|デンキバリブラシ(電気バリブラシ)の販売【ELECTRON EVERYONE】

電気バリブラシの寿命は?

電気バリブラシの寿命はほぼないと言われています。

5年くらいしたら充電池の交換時期が来るようですが、交換すれば半永久的に使えます。

また針が折れてしまうなど、故障した場合も交換すれば大丈夫です。

電池パックや針は交換可能ですので、メーカーに問い合わせて交換してもらいましょう。

  • 電池パック・・・11000円
  • 針・・・1本550円、全部交換なら5500円

(現在の原価によるものなので、今後変動する可能性もあるそうです。)

電気バリブラシの副作用

現在、電気バリブラシによる副作用は報告されていません。

心臓ペースメーカーなどの電子機器を使用している方は、注意が必要です。

電気バリブラシは整形外科で行う電気治療と似たようなものなのだそうです。

頭だけでなく全身に使えるそうなので、たるみの気になる場所や老化を感じる場所に使ってみてくださいね。

電気バリブラシの口コミ使用した体験談

電気バリブラシを実際に使用した人の口コミもまとめてみました。

私も体験談を書いているので、もしよかったら読んでみてください。

Twitterでの良い口コミ、悪い口コミも集めました。

良い口コミ

良い口コミは頬がすっきりした感じがするというものが多いです。

確かに私も、実際に使用してみると鏡を見ているそばから顔の印象とか目の印象が変わってきた感じがしました。

普段からリフトアップとか、エステとかあまり行っていなくて、お肌の手入れをしていない人ほど効果を感じやすいんじゃないかと美容師さんともお話していたところです。

また人によっては頭痛が良くなったと言う人もいます。

私も肩こりに効果があったので、頭痛に効く人がいてもおかしくないかもなぁと思います。

悪い口コミ

悪い口コミは、痛いと言う意見が沢山ありました。

たしかにピリピリとした痛みがあります。

きちんと皮膚を濡らせばあまり痛くありません。

でも当てているうちに乾いてくるので、そうすると痛くなってきます。

痛いのが苦手な人は霧吹きや専用のローションを手元に置いておいて、痛くなってきたなと思ったらこまめに濡らすようにすると良いと思います。

今だけ送料無料キャンペーン中!

商品欄に送料無料とある商品は、通常550円の送料がかかるところ、無料で購入することができます。

また電気バリブラシを購入すれば、送料・代引き料金すべて無となるキャンペーン実施中です!!

公式HPからの購入はこちら⇨TVやSNSで話題|デンキバリブラシ(電気バリブラシ)の販売【ELECTRON EVERYONE】

電気バリブラシのデメリットまとめ

電気バリブラシのデメリットは

  1. 値段が高い
  2. ちょっと痛い
  3. 使うのをやめるとリフトアップ効果が無くなる
  4. つい光を見てしまう
  5. デンキバリが水洗いできないので臭くなる

でした。

でもこれ、ほんと手にしてみると毎日が楽しくなります。

ちょっとした顔の不満が解消されるし、なんとなくちょっとなんかなぁと思っている不調がなんとなくちょっとだけ解消される気がするからです。

あくまでも私の感想ではありますが。

もしよかったら手にしてみてくださいね。

公式HPはこちら⇨TVやSNSで話題|デンキバリブラシ(電気バリブラシ)の販売【ELECTRON EVERYONE】