中学生のスマホ

中学生のスマホには時間制限・機能制限をかけよう iphoneスクリーンタイムの設定方法

中学生の持つスマホに制限をかけることは大切です。

多くの中学生が持っているiPhoneには「スクリーンタイム」という機能があって、iphone自体の機能で制限をかけることができるんですよ。

iphoneに搭載されている機能制限である「スクリーンタイム」はiOS12以上で対応していますので、アップデートをしておいてくださいね。

iphoneは以前はフィルター機能が弱いと言われていて、他の制限アプリとの併用が勧められていましたが、2018年から機能がアップして、他の制限アプリとの併用をしなくても、十分な制限をかけることができるようになりました。

中学生にiPhoneを持たせるなら機能制限(スクリーンタイム)を利用しよう

中学生 スマホ 
中学生は見た目よりも中身がとても幼いので、危険かどうかの判断があいまいなんです。

子供を信用してあげるのは大切なんですが、危険から守ってあげることも私達親の務めですよね。

そして大半の中学生はiPhoneを持っています。

iphoneには「スクリーンタイム」という機能制限・フィルタリング機能が搭載されています。

androidスマホでは別でアプリをインストールして使いますが、iPhoneの場合は基本設定の中に組み込まれているので便利なんですよね。

この「スクリーンタイム」を利用すれば、中学生たちを危険から守ってあげることができるんです。

iPhoneのスクリーンタイムでできること

iphoneのスクリーンタイムを設定すると、保護者のiPhoneやiPadから中学生の持つiPhoneの制限を行うことができます。

Apple製品同士ならスクリーンタイムの設定が可能です。

スクリーンタイムでどのようなコトが制限できるかというと

  • スマホの使用時間を設定できる
  • 危険なサイトへのアクセスを制御できる
  • 課金などが勝手にできないようにできる

 

おおざっぱに言えば、この3つがスクリーンタイムでできることです。

もう少し詳しくご説明しますね。

スクリーンタイムの設定方法

親の端末から子供の端末を操作するには、ファミリー共有の管理者の端末から行います。

まずは「設定」から自分の名前をクリックし、ファミリーメンバーに子どもの端末を登録します。
すると、子どもの名前が出てくるので、子どもの名前をクリックし「スクリーンタイム」を開きます。

 
この画面で表示されている

  • 休止時間
  • アプリ使用時間の制限
  • コンテンツとプライバシーの制限

 
この3つが制限できることで、この中で例外を設定するのが「常に許可」です。

パスコードを設定しよう

子どもに秘密のパスコードを設定します。
パスコードがバレてしまうと、自分でスクリーンタイムの条件を変更できるので、絶対に知られないようにしましょう。

パスコードはスクリーンタイムの画面の下から3番目。
「スクリーンタイム・パスコードを使用」から設定します。

 
これでロックをかけることができます。

休止時間を設定する

iphoneを使えない時間を設定します。

オンにするとこのような画面が現れます。

開始がiPhoneが使えなくなる時間、終了はiPhoneが使えるようになる時間です。

App使用時間の制限

アプリの使用時間を制限することができます。

 
この画面から制限をかけるアプリのグループを選びます。

SNSならLINE、Twitter、フェイスブックなどのアプリ全てを含みます。

中学生なら「SNS、ゲーム、エンターテイメント」が主になりますね。
ネット検索ばかりしているようなら「読書、調べ物」にもチェックを入れます。

そして次へに進みます。

 
何分使ったら制限をかけるか、の時間を設定します。

これで2時間と設定すれば、2時間以上のアプリの使用ができなくなります。

SNSに制限をかけていれば、制限時間をすぎるとLINEへメッセージだけではなく通話連絡も取れなくなります。

スクリーンタイムでどのくらいの時間で制限されているのかは子供本人の端末からも確認することができます。

常に許可

制限したアプリのグループの中で、例外のアプリを設定できます。

SNSに制限をかけたけれど、LINEだけは制限をかけないなど融通を利かすことができます。

コンテンツとプライバシーの制限

ここではアプリの無断購入や、不適切なコンテンツの制限をすることができます。

 
まだ中学生ですから、性的、暴力的なページには誘導できないように制限をかけておくと安心ですね。

またアプリを勝手に購入できないように、アプリをインストールする際には管理者の端末からの許可を求める設定も可能です。

iphone自体の使える機能や、アプリのインストールを制限することができます。

iPhoneのスクリーンタイムを利用して管理者端末からできること

管理者端末からは、子どものiPhoneのスクリーンタイムを操作することができます。

iphoneの使用時間・起動回数を知ることができる

ファミリー共有から子供の端末を選択すると、このような画面が現れます。

 
上のグラフで、どのようなコンテンツをどのくらいの時間使用したかが分かります。

さらにスマホを何回持ち上げたか?まで分かるんですよ。

チェックすることでお子さんがどのようなスマホの使い方をしているかを知ることができます。

ゲームが多いのか、SNSが多いのか、動画などを見ている時間が多いのか。

何をしているのか知っておくのも大切ですよ。

中学生はスマホの制限を解除する方法を編み出す

中学生はほとんどみんなスマホに制限がかかっています。

ですがダメと言われるとやりたくなるのが人間の心情。

中学生はスクリーンタイムを突破する方法を日々模索しているんです。

そして見つけ出した突破法はまたたくまにクラス中に広まっていくので恐ろしいものです・・・。

息子が私がiPhoneの管理者ではないことをいいことに、しれっとばらしてくれた内容を公開しておきますね。
何かの参考になればうれしいです。

設定から日にちを変更する

iphoneのスクリーンタイムは、夜12時を超えるとリセットされて、また同じ時間使えるようになります。

それを逆手にとって、アプリ制限が発動したと同時に設定から日にちを1日進めるんです。

残念なことに設定のアプリ自体に制限をかけることができないので、日にちを変えるのを阻止することができないんです。

この方法を使われてしまうと、アプリ制限はあってないようなものになってしまいます。

LINEやYouTubeからサイト検索を行う術を身に付ける

サイト検索機能が制限されてしまったら、LINEやYouTubeからもサイト検索ができるようなんです。

LINEの公式アカウントをクリックし、「詳細はこちら」ボタンをクリック。

すると公式アカウントのサイトに飛ぶんですよね。

そうなればもうしめたもの。

公式アカウントのサイトのアドレス窓でいくらでも検索ができてしまいます。

YouTubeも同じで、公式アカウント動画が開けばそのまま検索ができてしまうんです。

子供のルール突破熱には驚かされますが、そんなものに情熱を傾ける暇があったら部活や勉強に情熱を傾けてほしいものですよね。

中学生のスマホに制限は大事 だけど 本人の意志も大事

このように、自分で制限を突破できる方法はまだまだたくさんあります。

結局、スマホに制限をかけることはこれ以上やるとよくないんだなと意識を付けるということなんですよね。

これでスマホはやめようと思えるか、突破法を使ってまだまだ遊び続けてしまうかは本人次第とも言えます。

最終的に何度言ってもやめられない子は、依存症も心配ですし、成績も下がってくるでしょうから、スマホを取り上げるなど別の対策をとっていく必要があります。

iphoneの機能制限を活用しよう

iphoneでかけられるスマホ制限は知恵を絞れば簡単に突破することもできてしまいますが、制限は無くてもいいかと言うとそうではありません。

少しでも制限をかけて意識付けをすることで、だらだらスマホをしてしまうことを防げますし、スマホから勉強へ切り替えることもできますよね。

中学生は反抗期で口でダメダメ言ってもなかなか聞かないお年頃になります。

機能制限を付けて、自分からスマホの使い過ぎに気を付けられるように環境を整えてあげましょう。

 
中学生にスマホを持たせるときに家庭でルールを決めておくことも大切です。
ルールを破ったらどうするかを決めておけば、ルールを守りやすくなりますね。
詳しくはこちらの記事でも書いています↓

中高生を襲うインターネットの事件についてもまとめています

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください