中学生

【Z会asteria】レベルってどのくらい?Z会通信教育との違いは何?

Z会asteriaのレベルは本当の基礎レベルから難しい応用まで幅広いです。

中1基礎から始まって、最終的には大学レベル、社会人レベルまでどんどん進んでいきます。

普通の通信教育やオンライン教材は「基礎レベル」「応用レベル」などのように分かれていますよね。

asteriaはそうではなくて、基礎レベルから始まってクリアするごとに応用へ進む仕組みなんです。

ですから、教科書に準拠もしていないしテスト対策があるわけでもありません。

英語や数学を大枠ととらえて学びたい人や、学校の授業よりも先にどんどん力をつけたい人にぴったりなんです。

Z会の教材なので応用とはいえレベルが足りないんじゃないか?という心配はまずいりません。

そして、自分には難しすぎるのではないか?という心配もいりません

通常のZ会通信教育講座はちょっと難しくて、いわゆる「普通の子」には敷居が高い雰囲気もあったのですが、asteriaはいわゆる並レベルの子でも受講可能で、そこからトップレベルまで引き上げてくれます。

アプリ内のAIが「一定のレベルに達した」と判断するまで、同じレベルの問題が出題され続けるので、できるまで繰り返し演習するからです。

無料体験はこちら⇨Z会Asteria まずは無料でお試しください

授業進度がまちまちな私立中高一貫校の人におすすめ

私立中高一貫校向けの通信教育教材もZ会にはありますが、私立の学校が一律で同じ進度ですすんでいるかというとそうではありません。

また私立に通っていても現役合格を目指す人は、学校の授業なんかよりも早く知識を身につけて入試対策をしたいと考える人も多くいます。

苦手科目はゆっくりと、得意科目はさっさと進むという、融通が利く教材があれば便利ですよね。

そんな期待に応えられるのがZ会のasteriaです。

また学校英語や学校数学を超えた、論理的思考、アクティブラーニングを習得するならZ会asteriaよりほかに教材はありません。

今までの通信教育教材にはない、ディスカッションをスカイプなどの通信機器を使って行うシステムによって、これからの人材に求められる人間力をつけていくことも可能です。

社会に出たとき、

『高学歴でも使えない』

そんなことを言わせない、高学歴のこれからの日本を担っていく人材を育成する画期的な教材なんですね。

では実際にZ会asteriaを受講した人の感想や評判を見ていきましょう。

Z会asteriaの評判や感想

asteriaを実際に受講した人の保護者の方や本人の感想などをネットから集めてみました。

参考にしてみて下さいね。

悪い評判・感想

・定期テスト対策には向かない

・数式を書く余白が足りない

・iPad、Appleペンシルが高い

・英語のスピーキングでいきなり英語だけの会話はなじめなかった

悪い評判は、iPadが必ずいることに関する内容が多く見られました。

iPadはWi-Fiモデルなら3万5千円ほどで購入できますよ。

定期テスト対策にならないのは申し込みの時から分かっていることなので、あらかじめ別で対策をとっている人が多いようでした。

また英語のスピーキングが英語だけの会話というのは実践重視のためですね。

ある程度英語が分かるようになって(英検3級レベル)使うと効果が見込めそうですね。

良い評判・感想

・どんどん問題が出てくるので飽きない

・解説動画が分かりやすい

・数学が苦手だったのに得意になった

・iPad1つで勉強できるので子供が楽しんでやっている

・自分のペースですすめられるので余計なプレッシャーがない

・普通の勉強では物足りなかったので満足

・知識をつけておきたかったので受講した。手ごたえがあってうれしい。

・大学への数学へステップアップできた

このように、良い評判では子供が楽しそうなこと、確実に力が付くことが挙げられています。

とくに数学の評判が良くて、苦手が得意になったり得意な人はもっと力が付くと言った意見が多く見られました。

気になる?数学の評判

Z会asteriaの数学の評判がかなり良いようでしたので、数学に絞った感想を探してみました。

・数学が苦手が得意になった

・分からない問題が無くなって授業について行けるようになった

・塾に行かなくていいので楽ちんだった

・先生との相性を気にしなくていいのが良かった

・中学生のうちに高校の内容が学べるので力が付いた

数学の評判で1番多かったのは、

苦手な数学が得意になった

というものです。

数学が苦手でも、基本中の基本からスタートし、できるまで何度も反復練習をしたり授業動画を観たりしているうちに、理解が深まってくるようです。

さらに「Brush up問題」というちょっと難しい問題を定期的に出題されるので、頭の体操になっていつのまにか数学が得意になっていた、という具合になるようです。

無料体験はこちら⇨Z会Asteria まずは無料でお試しください

Z会asteriaの特徴って?

テーマは「学年を超え最短経路で分かりきる」です。

無学年制で、これからの社会で求められている人材を育てるのを目的とする教材です。

AI技術によって今の自分に必要な問題を出題してくれます。

復習が必要なら復習問題を。もっとレベルアップできそうなら先の問題を。

理解度に合わせて学習課題だけではなく学習時間も調整してくれます。

またZ会の通信添削や、ネット環境でのグループディスカッションなども経験できます。

Z会asteriaで学べる講座は「英語4技能」「数学新系統講座」「総合探求講座」の3つです。

それぞれを詳しく見ていきましょう。

英語4技能講座

中学生から社会人までをターゲットにした教材です。

入試だけではなく実用的な英語を身につけたい人向けに作られています。

またCERF(セファール)という、外国語の熟練度の国際基準を国内で初めて採用した方式を使用していて、

2020年度の教育改革で求められる「どのレベルまで到達したか?」という基準を表すのに使われるであろうCERFをいち早く導入したものなのです。

今までは、高校卒業時に「外国語の基礎力」(CERFではAランク)を付けて卒業するカリキュラムになっていました。

ですがこれからは、「日常会話や仕事でつかえるレベルの力」(CERFではBランク)を付けて卒業するカリキュラムへと変化します。

Z会asteriaでは、さらにそのレベルを超えた熟練者(熟達した使用者)(CERFではCランク=最高レベル)のレベルまで引き上げることができる教材となっています。

  • 空港や駅のアナウンスが聴ける
  • 公共の場にある注意書きが読める
  • 招待状が書ける
  • お店でメニューを注文できる

といった、今までの教育にはなかった実践的な内容が盛りだくさんです。

さらにオンラインスピーキングや添削などもあって、充実したカリキュラムとなっています。

公式HPを見てみる⇨【Z会Asteria】英語4技能講座

数学新系統講座

中学から高校までの数学を、単元ごとにひとまとめにした教材です。

学校では一次関数を習って図形を習って、連立方程式に入って、角の計算をして・・・と、いろいろな分野をちょっとずつ進めていく形ですが、

asteria数学では、単元ごとにすすみます。

一次関数から二次関数へ、最後は微積まで同じ単元として続きます。

平面図形もそうですね、角の求め方からベクトルなどへつながっていきます。

たしかにこちらのやり方が、1つの事柄を極めるには筋が通っていますよね。

単元は自由に選択できますよ。

公式HPを見てみる⇨Z会Asteria 英語4技能講座/数学新系統講座

総合探求講座

2020年の教育改革以降、求められるのは

「思考力・判断力・表現力」「主体性・多様性・協調性」

で、「アクティブラーニング」によって身に付くとされているものです。

これらの骨組みを作るための

  • オンラインディスカッション
  • コミュニケーションに必要な力
  • 問題解決能力

が自然と身に付く教材です。

協働学習

例えば、「宇宙開発のためになぜたくさんのお金がかけられているのだろう?」というテーマでオンラインディスカッションが行われます。

自分が調べてきた資料や参考書を提示して説明したり、自分の意見を述べたり。

また思いもよらなかった考えを人から聞くなど、社会に出て初めて経験するような場面を、学生のうちから養うことができます。

もちろん、ディスカッションの苦手な大人の人でも良い訓練になります。

探求学習

最先端の仕事をしている大人の話を聞くことができます。

宇宙開発をテーマにした10月は、宇宙開発事業に携わっている方の講演を聞きます。

具体的にどのような活動をしているのか、これからの宇宙開発に民間企業としてどのように関わっていくのか、などの話を聞くことができます。

個人学習

ディスカッションで使うスキルや、実社会で必要なスキルを学びます。

  • 統計資料の扱い方
  • ディスカッションの進め方
  • コミュニケーションの基礎
  • 反論の仕方
  • 提案の仕方

このような、今までは独学と実践でしか学べなかったことを学習することができます。

Z会asteriaの料金は?最安値はこれ!

asteriaの料金は申し込み方によって異なります。

一番安い値段は

『12ヶ月一括支払い・英語(オンラインスピーキング2回)+数学のセット申し込み』で8,213円/月。

1教科当たり4,107円/月です。

この値段は通常価格の16%引きなんです。

英語の料金

料金は必ずブラウザから申し込みます。

アプリから申し込むと、無条件に値段が高くなってしまうので気をつけましょう。

オンラインスピーキングの回数で料金が異なる

英語の価格は、オンラインスピーキングの回数で料金が変動します。

オンラインスピーキングの回数12ヶ月一括支払い月払い
月2回4,889円/月5,907円
月4回6,926円/月7,944円
月6回8,963円9,981円

 

アプリから申し込むと割高になる

先にasteriaのアプリをダウンロードし、アプリ内から申し込みをすると

オンラインスピーキング4回で13,000円/月とかなり割高になってしまいますので、ブラウザから申し込みましょう

数学の料金

12ヶ月一括支払い・・・4,889円/月、毎月支払い・・・5,907円/月 です。

アプリから申し込むと割高になる

アプリから申し込むと、11,000円/月となってかなり割高になるので必ずブラウザから申し込みましょう。

 

どんなレベルでも価格は一定

中1レベルの基礎問題でも、大学レベルの代数でも、月々の値段は変わりません。

総合探求講座の料金

12ヶ月一括支払い・・・5,907円/月、毎月支払い・・・6,926円/月 です。

数学と同様に、どんなレベルでも月々の料金は変わりません。

アプリから申し込むと、12ヶ月一括支払いで11,000円/月 となってしまいますので、必ずブラウザから申し込みましょう。

iPadが安く買える

Z会asteriaの会員になると、Z会経由でiPadが通常より2,000円ほど安く購入できます。

お得に購入できるのでぜひ利用してみてくださいね。

12回分割支払いもできますよ。

対応機種はこちら↓

iPad(2017年3月発売モデル/2018年3月発売モデル)
iPad Air/iPad Air2/iPad Air(第3世代)
iPad Pro(9.7インチ/10.5インチ/11インチ/12.9インチ)
iPad mini2/iPad mini4/iPad mini(第5世代)

iPadが手元に届いてから、asteriaに申し込みをしてくださいね。

無料体験やクーポンはある?

Z会asteriaでは、iPadがあればいつでも無料体験ができます

無料体験の申し込みページからメールを送信すると、翌日に無料体験クーポンが届きます。

そのクーポンを使うとasteriaの無料体験ができます。

また資料請求すればパンフレットをもらうこともできます。

無料体験の方がどんなものなのかが分かりやすくて良さそうですね。

「百聞は一見に如かず」です。

無料体験はこちら⇨Z会Asteria まずは無料でお試しください

退会するときは?

ネットから退会できます。

契約の自動更新をなしにする手続きで退会します。

「契約申し込み」と「技能別プラン申し込み」というページを開き、どちらも「契約申し込み」を開きます。

IDとパスワードを入力し、「契約内容の変更」を選んで「契約停止」にチェックを入れます。

英語を受講している人は両方契約を停止しないと完全に退会できないので注意してくださいね。

意外と簡単に退会できそうですね。

まとめ

Z会asteriaはこれまでにはない通信教育、オンライン教育=eラーニングの形です。

勉強や受験に特化したものではなく、これからの社会で、ビジネスで必要な力を身に着けることのできる画期的な教材です。

学校の授業を受けてテストで良い点数をとる事も大事ではありますが、AI技術の進歩する世の中で、スキルを磨くのではなく自分の強みや人間力を伸ばしていくことは大変重要なことです。

教育課程という枠にとらわれない、画一的な学習法を一度試してみませんか?

公式HPはこちら⇨Z会Asteria 英語4技能講座/数学新系統講座

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください